宅ふぁいる便 東京ガスの関係

宅ふぁいる便はしばしば東京ガスのサービスだと間違われますが、本当は大阪ガスが社内で
作り上げた社内用システムが始まりなのです。

東京ガスではなく、大阪ガスが一般公開した宅ふぁいる便は、その後関連会社のエルネットへと引き継がれ、今でも無料でサービスが
利用できます。

なぜ東京ガスと大阪ガスが間違われたのかは良くわかりませんが、ユーザーの半数以上が首都圏(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)に
いることが原因かもしれません。

宅ふぁいる便って、ガス会社がやってるらしいよ。」
こんな話が広がると、ガス会社=東京ガスに変わっていった可能性が考えられます。

東京ガスと大阪ガスには、ちょっとした面白い共通点があります。
ガスを販売・供給しているのは当たり前として、例えばJリーグに目を向けてみると、どちらもJ1のチームに関係しているのです。

東京ガスは自社チームを母体としてFC東京を設立し、筆頭株主としてチームをバックアップしています。

宅ふぁいる便の大阪ガスは、大阪の強豪ガンバ大阪の株主です。筆頭株主は松下電器ですが、地域密着のチームとして関西電力や
JR西日本と共に10%の株をそれぞれ保有しています。

東京ガスは宅ふぁいる便には関係ありませんが、どちらもJリーグには貢献しているのですね。

宅ふぁいる便 東京ガスではなく大阪ガスが開発した経緯

宅ふぁいる便が開発された背景には、大阪ガス社内でのファイル受け渡しに関するニーズがありました。

大阪ガス株式会社の研究所や技術系部署から「大容量のファイルをインターネット上で安全確実にやりとりできることは
できないでしょうか」という声が多数上がり、従来の手渡しやメール添付でのやり方に替わるシステムを開発することになったのです。

東京ガスと大阪ガスは業務的にほとんど同じなので、東京ガス内でも同じようなニーズはあったでしょうが、
それに対しての声を上げなかったのかそれほど必要性が無かったのかはわかりません。

宅ふぁいる便のシステムはいろいろな仕組みを参考としながら試行錯誤したそうです。

従来のFTP方式ではセキュリティ的にもいろいろと問題があり、メール添付方式では容量の問題やファイル開封の有無などが
確認できないなどがあって、全く違うシステムでファイル交換をする必要がありました。

結果的に宅ふぁいる便は、グリーティングカードをやりとりする仕組みを参考にして完成し、大阪ガス社内専用に利用されました。

その後評判となり、一般公開ということになったのです。

今では東京ガスの社員も利用しているかもしれませんね。

宅ふぁいる便 東京ガスの関係

大容量ファイル受け渡しサービスの宅ふぁいる便は、大阪ガスグループのエルネットが提供しているサービスです。

しばしば東京ガスのサービスと思われたりしますが、東京ガスとは関係ありません。

宅ふぁいる便の親会社大阪ガスと東京ガスには特別に資本関係などはありませんが、中京エリアの東邦ガスを加えた大手3社で
ガス販売の80%以上を占めているという状況なので、ガス機器やその他システムを共同開発するといった協力関係はあります。

宅ふぁいる便の親会社大阪ガスと東京ガスには、ガスの供給エリアがバッティングしないので、ライバル企業のようですが
足を引っ張り合うことはありません。

ただ、宅ふぁいる便のようなサービスが全国的に知名度が上がると、東京ガスにとってはちょっと悔しい部分があるかもしれません。

大阪ガスにとっては、社内での業務に便利なように作ったシステムが評判になって宅ふぁいる便として一般公開されたわけで、
全くガスとは関係ない事業が広まるとは思っていなかったかもしれませんね。

宅ふぁいる便 東京ガスではありません

大容量ファイル受け渡しサービスの宅ふぁいる便は、東京ガスグループの会社が
運営していると思っている方も多いようですが、実は東京ガスではなく、大阪ガスグループのエルネットが提供しているサービスなのです。

なぜ東京ガスのサービスだと思われたのかはわかりませんが、ガスのサービスだと地域密着型なので、大阪なら大阪ガス、東京なら東京ガスだとわかりやすいです。

でも宅ふぁいる便のようにインターネットで全国利用ができるサービスは、関東エリアのユーザーが一番多いので、
「ガス会社がやっているサービスだって」「ああ、東京ガスなんだ!」という感じでいつの間にか東京ガスの
サービスと思われるようになったのかもしれません。

東京ガスには大阪ガス以上にたくさんの関連会社があり、オーストラリアなどの海外にも複数の関連会社を持っています。

ただ、宅ふぁいる便のようなインターネット関連の事業は東京ガスのサイトを見ても載っていません。

東京ガスにもIT系企業はありますが、企業向けのサービスを行う会社で、一般ユーザー向けの事業ではないようです。
東京ガスでも宅ふぁいる便のようなサービスがあるといいですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。