宅ふぁいる便 いつまで無料?

宅ふぁいる便のルーツは大阪ガスの社内システムです。
社内や大学、研究所間などの大容量ファイルを、何とか安全確実にインターネット上でやりとりできないかと考え出されたシステムがルーツです。

自社内で使っていたのですからもちろん利用料は無料ですが、社内外でこのシステムが評判となり、
「一般公開して欲しい」という声に押されて宅ふぁいる便として一般公開されました。

社内では有料化の声もありましたが、結局は無料公開するということになり、1999年に大阪ガスより無料で公開されました。

その後2005年に関連会社のエルネットへ宅ふぁいる便事業は移され、無料サービスとして継続されたのです。

それでは、宅ふぁいる便無料サービスはいつまで続くのでしょうか。

2006年に30万人だった無料会員は、2007年10月現在で90万人を超えています。

宅ふぁいる便の収益は無料会員からではなく(無料ですからね)、宅ふぁいる便の会員数を狙った企業からの広告収入です。

ですから、宅ふぁいる便に広告が入らなくなると、宅ふぁいる便事業はつぶれてしまいます。無料が有料になる日もくるかもしれません。

ただ、90万人以上のフリーメールアドレスではない無料会員リストは、広告主にとっても大変欲しいリスト(アドレス)です

広告を打つ対象としては非常に効果の高いリストでもあるので、当面は広告収入で困ることはないと思います。

宅ふぁいる便はいつまでも無料で利用したいですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。