宅ふぁいる便 safariの関係

宅ふぁいる便はウィンドウズとの相性が良い大容量ファイル転送サービスです。

ただ、宅ふぁいる便のユーザーの75%はビジネスユースで、ユーザーの職種を調べるとデザインや設計などの
クリエイティブなお仕事が多く、アップルコンピューター社製のマックを使っている方が目立ちます。

マックにはマックOSが標準装備されていて、ブラウザにはsafariというブラウザが標準添付されています。

safariには、IEなどにはない便利な機能があり、表示速度もトップクラスで速いという利点があります。

マックユーザーは、マックOSを使い、safariを使うという方も多いはずですが、宅ふぁいる便でファイルをダウンロードする時に、
マックOSとsafariの組み合わせで不具合が出るという事例が出ています。

宅ふぁいる便のQ&Aコーナーには、

「宅ふぁいる便は、基本的には、Windowsを対象として設計しておりますので、ご利用されているMacOSのバージョンとブラウザによっては
正常に動作しないことがあります。現在のところ全てのブラウザとOSには対応できておりません。

そのため、ご利用される場合は 、WindowsやMacでもFireFox等へのブラウザの種類変更やバージョン変更をしてご利用をお試しください。」

と書いてあります。safariというよりも、マックOS全体に対しての相性が悪いようです。ぜひマックOSへの対応を急いで欲しいと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。