宅ふぁいる便 オフィス宅ふぁいる便とは?

オフィス宅ふぁいる便は、自社サーバーに宅ふぁいる便のシステムを組み込み、
限られたユーザー(社員や外部スタッフなど)だけが利用できる大容量ファイル転送サービスです。

オフィス宅ふぁいる便は、通常の宅ふぁいる便と同様に、サーバーへ大容量のファイルを送信し、受信者は通知メールから
ダウンロードURLへ行ってファイルをダウンロードします。

オフィス宅ふぁいる便には、500ユーザーライセンスまで利用できるオフィス宅ふぁいる便ライトと、
3000ユーザーライセンスまで利用でき、自社向けにプログラム等をカスタマイズできるオフィス宅ふぁいる便スタンダードがあります。

オフィス宅ふぁいる便ライトの価格は200万円、オフィス宅ふぁいる便スタンダードの価格は500万円です。

オフィス宅ふぁいる便を自社サーバーに導入するには、エルネットかセールスパートナーに連絡し、見積もりをしてもらった上で
カスタマイズが必要な場合はプログラムを改造・開発の後にシステムを組み込みます。

発注から導入まで3ヶ月程度かかります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。